高齢者の方で介護が必要になる大きな要因のひとつに「転倒・骨折」があります。

特に男性と比べて女性は、体の大きさによる筋肉量の違い・出産により骨粗鬆症になりやすいなどさまざまな理由から、転倒・骨折により介護が必要になるリスクが高いといわれています。

普段の生活の中で、転倒しそうになった経験は誰もがあると思います。
転びそうになった時、瞬時にバランスを立て直すことや、脚で踏ん張り転倒を予防すること、手をついて体を支えることなど・・・普段から、身体を動かす練習ができていれば、比較的多くの場合は骨折のリスクを防ぐことが出来るでしょう。
しかし、普段からあまり身体を動かさずにいると、とっさの反応が鈍く、身体をうまく使いこなせずにそのまま転倒につながってしまいます。
転倒による骨折、そして寝たきりなどの介護が必要な状態になってしまわないようにするためにも、予防がとても大切です!!

運動をすることで、日頃の身のこなし、下半身の筋肉強化、バランス力の維持など・・・丈夫な身体づくりをしていきましょう!
東急スポーツオアシスでは、シニア専用スタジオ「新宿エクササイズルーム」にて、60代から始める健康増進スクールを実施しています。
日々の積み重ねが重要です。
先ずは、出来ることから少しずつはじめていきましょう!

*シニア専用スタジオ(新宿エクササイズルーム)の情報はこちら
*オアシスのシニアスクール情報はこちら
*オアシスのシニア向け情報サイトはこちら

最新の記事

「まだ大丈夫・・・」その過信が危...

人生100年時代といわれるようになった現代。高齢者といわれる年代…

丈夫な身体で、健康な毎日を!!

高齢者の方で介護が必要になる大きな要因のひとつに「転倒・骨折」が…

太陽のひかりを浴びて、深呼吸

窓をあけると、気持ちの良い風が吹き込んでくる季節になりましたね。…