ヨガインストラクター対談・大西尚子さん

ヨガインストラクター対談・大西尚子さん

オアシスで活躍するヨガインストラクターとの対談。今回は大西尚子(おおにしなおこ)さんです。ヨガをはじめたきっかけや、ヨガに対する想いなど、いろいろ聞いていきたいと思います。

ふとコーヒー飲んでいる朝、私いつかヨガの先生になるんだと思った

ヨガをはじめたきっかけについて教えてください。

一番最初は25歳頃に、習い事としてヨガスタジオに通いはじめました。はじめのきっかけとしては、美容やダイエットといった女の子が抱く気持ちと同じで、運動をしたいという目的よりは、美に気をつかっていく一環としてヨガをはじめてみようと思いました。その頃は、ちょうど難しいイメージのヨガから「ヨガは綺麗な人がやっている」イメージに変わってきた頃だったと思います。

お仕事帰りに、週4回ほどヨガスタジオに足を運びヨガの魅力に魅了されました。ヨガスタジオでは、いつでもどこの店舗にでもいけるプランで通っていたので時間を見つけては足を運びヨガをする気持ちよさを感じていました。

最初慣れないうち不安な気持ちはありませんでしたか。

不思議と不安はなかったんです。それは私が体験をした不思議なことが関係していたのかもしれないです。まだ私がヨガと出会うずっと前の話です。ふとコーヒー飲んでいる朝、私いつかヨガの先生になるんだと思ったタイミングがあったんです。その頃はヨガスタジオが自宅の近所になかったけれど、数年が経ってヨガスタジオも近くにできこれは通ってみるしかないと。

最初、スポーツジムでも施設見学、体験をしてみてどうですか?といった流れがあります。だからみなさん安心して始められると思います。見学、体験してみてという流れはあったけれど、私の場合は決めて行っていて初日にはもう入りますと、はじめたんです。

Q:ヨガの魅力にはまってという事ですが、どれぐらいの期間、ペースで通われたんですか

週4回ほどヨガを行っていたのですが、からだや心に与える影響は大きくて週4回熱心に通って3年間ぐらいは続けていました。そしてもっとヨガのことを知りたい、ヨガには哲学があったりだとかヨガでのからだの使い方解剖学だったりだとかもっと知りたくなりました。

スタジオでヨガをしていくなかでもっと極めて勉強したくなり、机上で勉強するような、哲学や解剖学やそういったところも学びたいなと思ったんです。ヨガの学校に通って勉強を深めていきました。

 

Q:ヨガをやってどんな良い影響がありましたか

自分で考えることが増えました。それは悩むのとはちょっと違っていて自分のことについて考えます。ひとつの事柄に私だったらどうやって思うかな、とか自分に問いかけることがそれまでより増えました。

 

Q:ご自身や周りの方にとって良い影響ってありますか

誰にでも落ち込んだり、気分がいまいちのタイミングってあると思います。そんな時に、自分で考えることができると落ちついてきます。明るくいられる事にもつながり自分にも周りのひとたちも良い影響をおよぼすと思います。

 

 

産後2ヶ月後に復帰して、日々慣れることで、精一杯の日々を過ごしているなかで子育てはヨガを超えたな。とか思ったり、子育てだけはヨガを超えるなとは思ったけれど、産後に日々赤ちゃんと向き合って精いっぱいな自分。そんな自分を客観視したり、ご主人や周りの方の協力を得てちょっと自分時間を作り時にはすこし座って目を閉じて呼吸を整えるだけ、すこしヨガをしてみる、そういった中で平常な自分を取り戻していくことができた気がします。

ヨガってお母さん本人にもたくさんいい事がある

子育てをしていて、慣れない育児をされている方へメッセージはありますか。

子育てをするお母さんたちには、少しでもヨガをしてもらえる時間や、ご自分のために使える時間をもっていただきたいなと思います。お母さんも、"もっと自由でいいんじゃないか"、"時には周りの方を頼ってもいいんじゃないか"、と考えます。

まだ日本もどこか偏見がある気がしていまして、一番サポートされなきゃいけないのは、産んだあとのお母さんなのに非難されがちだったりするので、そんなことも少しずつ変えられたらいいと思います。お買い物に行く、エステに行くのもいいことなのだけれど、ヨガってお母さん本人にもたくさんいい事がある、呼吸を整えるだけで、からだや心がすっきりしたいリフレッシュできる。気分転換になったり、一瞬の楽しさとか快楽じゃないもの、としてヨガをしていただきたいです。

ご自身のリフレッシュ方法を教えてください。

産後にはヨガもそうですが、ランニングに出かけてご自身の時間を作ったりもしていました。育児中、大変な環境からちょっと抜け出してリフレッシュする時間をつくったこともよかったのかもしれないです。

これからヨガをはじめていく方へのメッセージを

ヨガは、時間もそんなに長い時間やらなくても大丈夫だし、とにかくはじめてみてもらいたいです。「細く長く続けてもらいたい」といつもヨガに参加される方たちに私は伝えているんです。毎日毎日、10分でも15分でも続けておこなっていただきたい。気分が乗らない日(動くまではちょっと…という時)には、日のあたる場所で瞼を閉じて静かに呼吸をしてみるだけでもいいと思います。

よくあるのが、硬くても大丈夫ですか、私でもできるかしら、と思っている方が本当にたくさんいらっしゃいます。私にできるかな?、という想いはとっぱらって、オンラインでもオフラインでもまずは参加してみる。参加してみて欲しいです。ちょっと私に合わなかったかな、と思ったときにでも、そこで一旦やらなくなってもまた時間が経ったときに。自分も変わるし、ヨガを取り巻く世界観とかも年々変化していっていると思うので。合う合わない、とか 無理にではないけれどやりたい、と思ったときにやってみたらいいじゃん。って。やってみて欲しいです。

ふと、ヨガを何のためにする。心のためにすることもあれば、疲れているからヨガをすることもあるし、雨でランニングできなかったから運動としてする日もあるし、目的なんてなんだっていいと思う。自分の気持ちが乗った時にやってみてもらいたいです。

自分がヨガをしはじめた時は、綺麗になりたいという美容目的でしたが、今はまったく違った感じでヨガの良さを伝えています。主人の影響で、運動が自然とライフスタイルの一部になっているのもあります。例えば、ご夫婦で運動に触れることで、自然とコミュニケーションもっ取れますし、始業前やお昼休みに、ご夫婦でランニングをされたりリフレッシュの時間を作ってみてはいかがでしょう。

自宅で二人で過ごしている時にはそんなに会話もないけれど、自然を見ながらいると会話も弾みます。自然、ヨガ、運動、家族…、そんなライフワークが私自身も気に入っています。

 

※お話を伺ったインストラクター

大西尚子さん
・オアシス登録ヨガインストラクター
・うららかヨガマスタートレーナー

習い事としてはじめたヨガをきっかけにYMCメディカルトレーナーズスクールに通いRYT200習得。フリーのヨガインストラクターとして、スポーツジムやヨガスタジオのレッスン、講師、イベント出演、雑誌yoginiのポーズモデルとして活動。

2019年1月には第一子を出産し、現在は子育て中心の生活を送りながら、ヨガの素晴らしさを伝えている。うららかヨガでは1人でも多くの女性に体験してもらいたいと考えます。女性の身体は年齢と共に大きく変化します。そのタイミングで起こる身体の悩みや不調と向き合いながらヨガをする。変化を受け入れてながら自分自身を美しく、明るく、健やかに。誰にでも起こる変化を共有しながら全ての女性が輝かしく生活できるようお手伝いできたらいいなと思っています。

■主な資格
・IHTAヨガインストラクター2級
・RYT200

■メディア掲載・イベント出演等

・yogini

・ヨガのポーズがまるごとわかる本

・yolo

・yoga&fitness

・品川シーズンテラスヨガ

・青山ガーデンテラスヨガ

・yoga japan

・新宿高島屋ヨガイベント

 

オアシスのヨガ・ピラティスコミュニティサイト>>>

オアシスのヨガ・ピラティスInstagram>>>

 

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。