夏が近づき、ビールなどの冷たいアルコールがおいしい季節になってきましたね。
私はあまりお酒を頻繁に飲む方ではないのですが、時々家で食後の晩酌などもします。
そんな翌日はたくさん飲んだわけでもないのに寝起きがとても悪く、起きてみてもなにかだるくなってしまうので、トレーニングへ行く前日は飲まないようにしています。
お酒の量によるのか体質なのか?少し調べてみました。

アルコールによる身体の影響
・良質な睡眠を妨げる
・利尿作用があるので水分不足になりやすい
・肝臓がアルコールを分解する方に頑張ってしまい体力の回復が遅くなる
・カロリーが高い(カクテル系)

など。
マイナスなことばかりあげてしまいましたが、アルコールは食欲増進を促したりリラックスやストレス解消、人とのコミュニケーションに役立つなど良い部分もあります。
適度な量で上手に楽しく付き合っていければ良いですね。

*多摩川店シニアスクール情報はこちら
*オアシスのシニアスクール情報はこちら
*オアシスのシニア向け情報サイトはこちら

最新の記事

NEW

「まだ大丈夫・・・」その過信が危...

人生100年時代といわれるようになった現代。高齢者といわれる年代…

NEW

丈夫な身体で、健康な毎日を!!

高齢者の方で介護が必要になる大きな要因のひとつに「転倒・骨折」が…

NEW

太陽のひかりを浴びて、深呼吸

窓をあけると、気持ちの良い風が吹き込んでくる季節になりましたね。…