こんにちは。

駅まで歩くだけで、汗をかく季節になりました。
しかし、電車などの冷房は寒く、着る服を選ぶのが難しいですね。

私は、小学校から高校までサッカーをやっていました。しかし、高校時代に腰痛分離症になってしまいました。
腰椎分離症とは、腰椎を疲労骨折する病気です。
もともと骨盤が前に倒れやすく、サッカーで腰をひねる動きが多かったために腰に負担がかかり、分離症を発症したと考えています。
なので私は、骨盤の向きに注意しながら、腹筋と背筋をバランスよく鍛えて腰周りを強化し、腰椎にかかる負担を減らすようにしました。
その結果、腰の痛みは改善しました。

筋力トレーニングするときには、骨盤の向きを意識して姿勢を整えることで飛躍的にトレーニングの効果を向上させてくれます。
それほど、骨盤は体の中で大事なんだと思います。
私は自分の経験から、改めて骨盤の向きを意識することが大事だということを知りました。

生活の中で、骨盤の向きに注目する機会は少ないと思います。
ふとした時に、骨盤の向きを意識してみてください。一つ一つの行動に面白さを感じられると思います。
これからも運動をして、目標達成に向けて頑張っていきましょう。

*横須賀店シニアスクール情報はこちら
*オアシスのシニアスクール情報はこちら
*オアシスのシニア向け情報サイトはこちら

最新の記事

NEW

デトックスウォーター

こんにちは!スタッフの三本です。今回は私がこの夏飲み始めた、【デ…

NEW

【イベント報告】転倒予防のための...

2019年11月29日(金)東急スポーツオアシス 港北店 ゆった…

NEW

通勤時のながらストレッチ

ストレッチの重要性はわかっていながらもなかなかゆっくりストレッチ…